物林株式会社

SDGsへの取り組みSustainable Development Goals

SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。

「木材とランドスケープの物林」は企業理念であります「自然と人間の調和」のもと、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。

人財

当社の資産は「社員」です。社員の健康は会社にとって大切な財産であり、1人ひとりが健康かつ安全に働き続けられる職場環境の整備を進めてまいります。
会社設立から半世紀、仕事の継承・発展を推進すべく、職場でのOJTをベースに様々な研修プログラムや業務に必要な資格の取得を強化します。
当社の特徴である「山から建物、外構まで網羅した物林」を組織力で強化し、競争力があり地域社会へ持続的な貢献が出来る事業体を目指します。

持続可能なまちづくり

会社設立当時から継続している「みどり」の景観事業は、都市公園の役割が、娯楽だけではなく環境保全や防災面でも重要な場所となってます。
国が推進する公園PPP/PFIに参画し、長期的な公共施設の維持管理・点検・調査および機能回復提案などを通じて自然災害に対するコミュニティ防災力向上に取り組みます。
インフラ事業では、海岸防災林、雨水対策のための貯溜曹など社会資本整備を通じて持続可能で強靭な「まちづくり」に貢献します。

木材資源の有効活用と地域産業の活性化

日本の国土の66%を森林が占めており、戦後造成された約1000万ha人工林は成長し、現在本格的な利用期となってます。
CO2の吸収や国土保全など、さまざまな機能を有する森林を健全に育てるためには成長した国産材の利用拡大が重要であり、政府は木材自給率の向上(2025年 50%)を目指してます。
当社は国産材の有効活用、建物の木造化を提案し、需要を作りだすと共に木材の付加価値を高め伐採、利用、再植林の循環型森林を促進し、持続可能な資源つくりを進めてます。合わせて地域産業の育成と雇用創出に取り組んでいきます。

関連事業

豊洲ぐるり公園管理事業

東京都江東区豊洲ぐるり公園の指定管理者代表として2019年4月から10年間公園の維持管理を行う事業です。

仙台 災害復興海岸防災林事業

海岸防災林の再生プロジェクト

北海道 木造大型建築物の非住宅事業

北見市民プール・ジム