物林株式会社

会社案内COMPANY PROFILE

環境方針

物林株式会社は、地球環境の保全・改善が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、 「自然と人間の調和をめざして、環境に配慮したより良い企業活動を行う」ことを基本理念とする。
当社においては、木材・建材・環境対応関連工事資材・エクステリア商品等の売買、造園・土木・エクステリア各工事の請負等の事業を行っていることを踏まえ、また、JKホールディングス(株)の環境方針を十分考慮に入れ、以下の方針に基づき環境管理活動を行う。

  1. 当社が行う事業活動の環境影響を地球環境保全・改善の観点から定期的に評価し、環境目的・目標を定めて継続的に改善すると共に環境汚染の予防に努める。
  2. 事業活動の推進に当たっては、環境保全・改善に関する日本及び関係国の関連諸法規並びにその他当社が合意した協定等を遵守する。
  3. 自然生態系、地域環境及び地球環境の保全・改善に配慮した事業活動の推進。
    1. 木材の供給に関する事業においては、森林資源の価値を最大限に活かし間伐材、小径木等の利用促進を図り、資源循環型社会の形成に資する。
    2. 建材・その他資材の供給に関する事業においては、環境保護商品・ロングライフ商品等、地球環境の保全・改善に関わる商品の取扱いを積極的に推進する。
    3. 日常活動の中で、省エネルギー、省資源、環境を配慮したグリーン物品の購入に努める。
    4. 車両を使用する営業活動の中で、燃料消費及び排気ガス排出の抑制により、天然資源の節約と大気汚染の防止に努める。
  4. 環境保全意識及び活動の向上を図るため、社員に対し啓蒙活動を積極的に行う。
  5. この環境方針は、文書化して社内で働く全ての人に周知すると共に、社外にも公表する。

環境への取り組み(ISO&森林認証取得)

物林では、「環境方針」に基づき、様々な環境保全活動に取り組んでおります。

環境マネジメントシステムISO14001認証取得について

環境認証機関JACOからISO14001の認証を取得しています。

森林認証制度の認証取得について

森林環境保全に貢献するためFSC®のCoC認証、PEFCのCoC認証、及びSGECのCoC認証を取得しています。

※森林認証制度とは、独立した第三者機関が環境・経済・社会の3つの側面から一定の基準をもとに適切な森林経営が行われている森林または経営組織などを認証し、その森林から生産され木材・木材製品にラベルを付けて流通させることで、持続可能性に配慮した木材についての消費者の選択的な購買を通じて、持続可能な森林経営を支援する民間主体の取り組みです。

当社は、日本の森林のため国産材マークの普及に協力しています。

[当社が取り組む環境事業]
・国産間伐材の販売
・海外植林木の輸入販売
・ロングライフ商品(住宅内部造作・建材用ムク商品、構造用集成材、天窓)の販売
・エコロジー商品(雨水貯留浸透システム、芝生保護材、無公害害虫駆除システム)の販売
・屋上緑化工事