ゼロから住宅を学んだ結果 将来の目標が具体的になりました 営業本部 北海道建設事業部 木構造事業室 新城愛 2017年入社 神田外語大学 外国語学部 イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻

住まいに関わる営業を希望し物林へ

 空間に携わる仕事がしたくて、ハウスメーカーやエクステリア関係の商社を中心に就職活動を進めていた時に物林を知りました。ホームページを見た時に、木を幅広く扱う会社であることが分かり興味を持ったんです。面接を受けた時に、穏やかな人が多い会社という印象を持ったことも、入社を決めた理由の一つでした。
 営業職として住宅会社をメイン顧客とする住環境システム部(現北海道建設事業部)に配属されましたが、現在は関連会社の北海道プレカットセンターの生産管理部に席を置き、木造住宅の成約・見積もり物件のCAD入力を主な仕事としています。木材、住宅の構造、内装など、住まいに関する幅広い知識を得るのが目的です。当たり前に飛び交う専門用語に、最初はとても困りましたね。周囲の先輩方に聞きながら、一つ一つ身につけている途中です。担当しているCAD入力は、正確性を求められる業務なので、気を付けるポイントがたくさんありますが、その分、知識の習得も早いのではないかと感じます。

色々な目標を持てる会社

 「何もわからないまま営業に出るより、お得意先のご担当者が言われている内容が理解できるようになるまで、勉強してきなさい」と上司に言われたのですが、今思い返すと本当にその通りだと感じます。住宅のことを分かり始めてから、当初の希望である住まいに関わる営業職としてのイメージも具体性を帯びてきました。
 物林は若手社員のジョブローテーション制度があり、社内のさまざまな部署で経験を積めるのも魅力の一つだと私は思います。今の配属先で深めたいこともたくさんありますし、別部署なら環境・景観事業部で行っているランドスケープのプランニングにも興味があります。また、将来は大学で習得した語学も生かしたいと思っています。物林には輸入材を扱う部署がありますが、北海道建設事業部で手がける住宅の構造材や内装材などを、海外と結びつけられる事業を立ち上げられないかなと考えています。社員のアイデアと熱意を後押ししてくれるのが物林の社風です。将来は自分も物林の中で新しい魅力ある仕事を生み出したいと思っているので、今はしっかりと基礎を固めていきたいと考えています。

※各社員の所属などは取材当時に基づきます。